おしりと腸の病気
  • 肛門の病気
  • IBD

IBD

家田病院では、IBDの治療に積極的に取り組んでいます。

家田病院は胃腸科・肛門科の専門病院として、IBD患者様のQOL(生活の質)向上に貢献することを使命と考え、最新の治療に取り組んでいます。 IBDとは炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease)のことで、一般的には潰瘍性大腸炎とクローン病のことをさしており、厚生労働省より特定疾患の難病に指定されています。

潰瘍性大腸炎とは

大腸の粘膜に炎症が生じ、潰瘍やびらん(ただれた状態)ができ、下痢や粘便血がおこります。主な症状は、腹痛、下痢、血便、粘便血、発熱です。症状がほとんどない緩解期と、悪くなる活動期・再燃期を繰り返す慢性の病気です。

クローン病とは

口から肛門までの消化管に、縦長あるいは不整型の深い潰瘍を作り、炎症をおこしたり消化管が狭くなったりする、慢性の病気です。主な症状は、腹痛、下痢、発熱、栄養不良、肛門病変(痔ろうや裂肛)があります。

 

医師 太田章比古

IBDの診療は、適切な診断と早期に症状を改善することが重要だと考えます。そのために「チーム医療」を実践することで、患者様に応じた最善の治療選択を心がけています。

看護師 大藤千恵子

専属スタッフがIBD診療に携わり、患者様にあった適切な治療の提供やQOL向上を目指し、サポートに取り組んでいきます。

薬剤師 杉浦洋

IBD患者様が、薬剤について安心して治療に取り組んでいただけるよう、サポートしています。

栄養士 山口智子

私たち栄養士は主に、食事に関するアドバイスや、相談に乗っています。些細なことでも構いません。お気軽にお声がけください。

Loading news. please wait...