症状の診察カルテ

こんな症状で
お悩みの方へ

「最近なんだかおしりやおなかの調子が悪い……」
それはもしかすると、
病気のサインかもしれません。

これって
痔のシグナル!?

下記の症状に当てはまる方は、
大腸やおしりの病気かもしれません。
一人で悩まず、まずはご相談ください。

排便時に出血がある

排便時に
出血がある

痛みのあり・なしに関わらず、排便時に出血してしまう方は要注意。いぼ痔(内痔核)の場合は痛みを感じることは少ないですが、症状が進むと炎症などによる痛みを感じる場合があります。大腸がんの恐れもあるので、早めに受診しましょう。

おしりに痛みがある

おしりに
痛みがある

排便時や排便後にも、ズキズキとした痛みを感じることはありませんか? 出血はほとんど無くとも、知覚神経が刺激されることで強い痛みを感じることがあります。

おしりの腫れ・膿が出る

おしりの腫れ・膿が出る

肛門が腫れて熱を持っていたり、痛みを感じたりすれば、肛門の周囲が化膿して肛門周囲膿瘍になっている恐れがあります。症状が進むと、たまった膿が出てあな痔(痔瘻)になります。市販薬では治すことができませんので、早めに受診しましょう。

おしりに何かが出ている感覚

おしりに何かが
出ている感覚

肛門に何かが出ている感覚や、異物感があればご注意を。腸の一部が出てしまっている恐れがあります。症状が進行すると歩行時にも出てしまったり、排便が困難になったりします。自然に治ることはありませんので、すぐにご相談ください。

考えられる病気

腹痛が続いている

腹痛が
続いている

腹痛が数日続いている場合は、深刻な病気が隠れている場合があります。「放っておいてもそのうち良くなるだろう」と考えずに、早めにご相談ください。

下痢や便秘が続いている

下痢や便秘が
続いている

腹痛や下痢が続いていたり、血便が出ていたりする場合、大腸がん、潰瘍性大腸炎、クローン病などの大きな病気の恐れもあります。逆に便秘が続いている場合は、過敏性腸症候群や弛緩性腸症候群の疑いがあります。まずは気軽にご相談ください。

あなたのおしりは大丈夫?

セルフ痔チェック!

診察用紙

症状や生活習慣から、
痔の危険度を見てみましょう。
あれっと思ったら、Let’sチェック!

Total:

00

  • 0個の方

    今のところ痔の心配はなさそう!
    これからも、おしりに良い生活を続けてくださいね。

  • 1~5個の方

    油断大敵!痔予備軍。ちょっとしたことで痔は悪化してしまうので、食生活や生活習慣を見直してみませんか?

  • 6個以上の方

    「痔主」になる可能性大!すぐに生活習慣を見直しましょう。すでに症状がある場合は、お早めにご相談ください。